ロンドンの、船上の鍼灸師の日記

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2017年からロンドンで治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと。色々綴っていこうと思います。ウェブサイトはこちら。https://www.junjapaneseacupunctureandshiatsuclinic.com/

自己紹介、プロフィール、問い合わせなど

私の治療の特長

1.鍼とマッサージを組み合わせることで効果を最大限に高める私はイギリスでは数少ない、日本で鍼灸と指圧師の両方の国家資格を持っている施術者です。(マッサージはしてるけど、鍼灸の資格しか持っていない人の方が実は多いです)。その特徴を活かし、治療の…

鬱だったのかという時期を振り返ってー最終回。会社に復帰をして。

その1〜3はこちら 鬱だったのかという時期を振り返ってーその1。鬱から回復した人に鍼を受けたいか。 - ロンドンの、船上の鍼灸師の日記 鬱だったのかという時期を振り返ってーその2。鍼に出会うまで。 - ロンドンの、船上の鍼灸師の日記 鬱だったのかと…

鬱だったのかという時期を振り返ってーその3。会社を逃げ出したこと。

その1、2はこちら 鬱だったのかという時期を振り返ってーその1。鬱から回復した人に鍼を受けたいか。 - ロンドンの、船上の鍼灸師の日記 鬱だったのかという時期を振り返ってーその2。鍼に出会うまで。 - ロンドンの、船上の鍼灸師の日記 僕が務めていた…

鬱だったのかという時期を振り返ってーその2。鍼に出会うまで。

その1はこちら 鬱だったのかという時期を振り返ってーその1。鬱から回復した人に鍼を受けたいか。 - ロンドンの、船上の鍼灸師の日記 入社して、新人研修が終わり僕は輸出営業課に配属されました。 そこで上司になったのがHさんでした。この方は面倒見がい…

鬱だったのかという時期を振り返ってーその1。鬱から回復した人に鍼を受けたいか。

自営に切り替えるにあたり自己紹介を兼ねて、自分が鍼と出会うきっかけになった会社員時代の鬱の時の話を書こうと思います。 僕に近い症状の人が鍼やマッサージに行って少しでも気が楽になればと思います。 僕は大学を卒業して大手メーカーに就職したものの…

自分なりの身体観からの健康と身体の根本

今週のお題「2020年の抱負」 去年の年末に、不意に思ったことがあります。 それは「根本を治療する」ってなんだろう。来年はそれに向かっていくことを考える一年になるんじゃないのか。 そういう予感がよぎりました。 この業界に入って13年目。自分なりの身…

整動鍼とは?

過度な緊張を取り除いて動きを整えるのが整動鍼です。痛みの局所にアプローチすることなく、痛みの症状に対応することができます。 関節や筋肉から痛みを感じている時は、普段と同じように動くことができません。こんな時、一般的には「痛いから動けない」と…

整動鍼との出会い

整動鍼との出会いはクルーズ船で働いていた時に遡ります。 クルーズの日程は7ー10日間であることが多く、その中で結果を出すことが求められます。中国の鍼のスタイルは痛みが戻ってきたとしたら、痛みが戻る前にもう一度来いということで、毎日とか1日2回乗…

自営業へ向かって

先日、来年1月末をもって今のクリニックをやめるというか、正社員という立場から自営業者としての契約に切り替えるようにクリニックに伝えました。 子供ができると色々なことが変わります。住む場所、生活する費用などなど。 結婚して1人が2人になった時は住…

自己紹介、プロフィール、連絡先

名前: 吉村 潤 出身地:兵庫県神戸市 資格:鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師 趣味: 美術鑑賞及びコレクション、クライミング 連絡先: 2000yosimura@gmail.com ウェブサイト: https://2000yosimura.wixsite.comjunjapaneseclinic プロフィール: 神戸大学国際文…

「ツボがある本当の意味」刊行に寄せて。整動鍼との出会い

鍼灸師になって1年目に僕はクルーズ船で働き始めました。 3年間の学生生活で鍼灸学や解剖学、生理学などの基礎を修了して国家試験をパスし、晴れて人前で鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師として名乗れるようになって8ヶ月後の12月。 僕はカリフォルニア…