読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

社会人10年目でわかること realize what we passed 10 years after graduation

f:id:acupuncturistontheship:20150416143356j:plain

*English is after Japanese

私は今年で32歳になります。

帰国して友人と会って衝撃だったのが、彼らは大学卒業後社会人10年目を迎えているということです。

私は美術系の専門学校に行くために一年休学し、卒業後三菱重工に入社しましたが、辞めて鍼灸の道に進み今に至ります。

将来に対する不安は三菱重工の時もありましたが、その頃よりも半端じゃありません(汗)

でも、自分が勉強し努力したことがそのまま反映されうること。

また、日本という仕組みから外れることでしがらみから抜け出し、治療という行為の面白さを知ることができたこと。

そして人生を面白いと思い続けることができる気がしている今の人生を選べたこと。

に、私は本当によかったと思っています。

両親を含めた先祖にただただ感謝するばかりです(そういう思いが直感で鍼灸師の道を選んだ時からあるため)

私がそんな32歳を迎えようとする一方、約3年ぶりに会った銀行に勤める友人が、「10年目にして、やっと仕事が面白くなってきた。」と言っていました。

入行当初に、仕事に慣れず体調が芳しくなかった彼を知っているため、驚きました。

でも、元々頭のよかった彼が描く理想と実際との現実が擦り合うのに10年かかっただけなのかなとも思いました。

以前書いた「ある写真家の守破離」じゃないですが、彼もきっと今、破の階段を登り始めたのだと思います。

彼が銀行という大きな可能性を秘めた会社で何をするのか。

また会って話したい。

10年ひと昔と言いますが、それは見方を変えると10年で人は変わると言えます。つまり、今に自分に社会に甘んじ妥協してしまうと、10年前の点と今の点と10年後の点とがばらばらになってしまうのでしょう。

私も自然に頑張らないと。

I'm 32 years old this year.

When I met friends in Japan, I was shocked that they worked 10years after graduating school.

I stopped to go to university one year to go to art school and work at Mitsubishi Heavy Industry after graduation but quit and became acupuncturist now.

My current anxiety to the future is more than the era in Mitsubishi. Hahaha.

However, I could reflects study and effort to the job.

And I could escape from Japanese system and know the interest of treatment.

Furthermore I could choose my job that I might be able to feel my life is interesting forever.

So I am so happy to select this life.

I just gratitude to the ancestors including my parents again and again( I have had this feeling from the beginning of acupuncturist)

While I have such a feeling to be 32 years old, one of my friend whom I met in 3years approximately works in a bank, he said to me " I start to be interested at my job for the first time in 10 years."

I know when he started to work, his condition wasn't good because he couldn't get used to. That's why I was surprised.

However, since he is very clever basically, I thought his ideal and actual reality just need 10 years to be matched.

As if my blog " a photographers syu-ha-ri", maybe he also starts to step into the stage of "Ha".

What will he do in a bank that has big possibility?

I want to talk with him again in the future.

We say 10 years is the period to feel old. If we change the perspective of it, we could say we change in 10 years.

In short, if we are resigned and comprise to current myself, society, the points in 10 years ago, now and 10 years later wouldn't connect.

I also need to do my best naturally.