読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

渡英して最初に食べたものは?

先日、無事にイギリス上陸を果たしました。

神戸から来た身に取って、一番はじめに感じたのは寒い…ということ。

経由地のクアラルンプールは29度とかだったので、コートも脱ぎ、シャツも脱ぎなど半袖になっていたので、大違いです。(クアラルンプールから来た英国人はとても薄着の人もいましたが笑)

 

5時半に飛行機が着いてしまったため、会社の人と会うのにたっぷり時間がありました。

そこで、腹は減っていませんが時間つぶしのためにカフェに行くことに。

 

イギリス人は紅茶を飲むんだろうと思ったら、みなさんとてもコーヒーを飲みます笑

ほんと、びっくりするぐらい、スタバがあったり、他のコーヒーチェーン店があったりで、紅茶専門店ってあるのか?というぐらいです。

私たち日本人ももしかしたら、緑茶ばかり飲むと思われているのかもしれないなと言うのと、同じかもしれません。

 

入った店で、「English Break fast £5.5」とあったので、これはもう食べるしかないと思い注文しました。

クルーズ船でも食べたことがあるので、どういうものかは知っていたのですが、まあイギリスに来たし食べようと思って注文しました笑

まあ知ってはいましたが、写真のようにすごい量です。

目玉焼きやポテトも量があるので、胃にもこたえます。

 

どうして、こんなに朝から食べられるのだろう。逆に言えば、あまり夜に食べないのかもしれません。

イギリス人の友人に聞けば、「だから太ってるんだ。」と笑っていました。

 

これからも、私が持つイギリス人へのイメージは色々と変わるのでしょう。

また報告します。

f:id:acupuncturistontheship:20170122134151j:plain