読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

クロアチアの昔 その2 old lifestyle in Croatia no.2


*English is after Japanese

話を戻して...
その2) カイコを育ててシルクを作り、服を作る。

クロアチアでは、自分たちの家でシルクの元となるカイコを育て、シルクを作り自分たちの服を作っていたそうです。
色々な国に支配されてきた歴史もあって、質素な生活する中(装飾品は支配されている国の人に取られてしまいます)、シルクの服が唯一の贅沢だったのでしょうか。

カイコがどのように育ち、繭となって糸を作るかと言う過程を見せてもらいましたが、シンプルだけど、手間暇がかかる根気のいる作業でした。
天然で手作りのシルクの服となると、そら値段も張るなぁと言うのがわかり、勉強になりました。

下から見上げる山々の景色は非常に美しく、何百年前に誰かが見上げた風景と、今私が見上げた風景はきっと、何も変わって
いないのだと思うと、なぜか心が洗われました。

Return the topic...
2) grow silkworm, make silk and clothing

In Croatia, they grow silkworm that make silk string in the their house and make silk and clothing.

They have the history that their country was occupied by many countries, I think clothing made of silk was only luxury stuff throughout smile life( accessories was steal by the occupied). 

They show us the procedure how silkworm grows, becomes cocoon and makes thread. It was simple and need time and effort.


If we want to buy natural, handmade silk clothing, I understand it would be expensive.

The mountain views from the bottom were very beautiful.
The picture I saw the other day and the picture someone saw hundred years ago must be nothing change. 
When I felt it, I don't know why I just impressed.

f:id:acupuncturistontheship:20150918185200j:image


f:id:acupuncturistontheship:20150918185235j:image


f:id:acupuncturistontheship:20150918185345j:image