英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

養子文化の日本と北米の違い cultural difference to adapt children between Japan and North America

f:id:acupuncturistontheship:20150604224006j:plain

*English is after Japanese

北米のゲストで子供を「Accepted」つまり養子を迎え入れている方がいました。

何人かは自分たちの国の子供ではなく、例えばウクライナなどで戦争によって心身共に傷付いた子供を受け入れた方もいました。

しかも、不妊によって養子を迎えざるを得なかった訳ではなく、自分たちの子供もありながら養子をとっていました。(とる、と言う動詞はあまりいい言葉じゃないなぁと書きながら思います。)

治療をしながら、患者さんがどのように育てたかを聞いていましたが、やはり子供の頃に受けた傷を持ったまま異国に移り、何も知らないところで、知らない人に育ててもらうと言うのは本当に大変なようです。

養親の元から消えて連絡がなくなったり、アルコールやセックスの中毒になったり、養親が育てるのをギブアップしたりなどなど。

(少なくとも私の抱く)日本人の価値観からでは、そういうことを聞いてもなお養子を迎えようとするカナダやアメリカの方の価値観は、正直、わかりません。

ちなみにあるゲストは、ベトナムに仕事で住んでいた時に、ベトナム戦争で傷付いた子供を目の当たりにして、養子を受け入れることを決めたと聞きました。(突然家出したりなど、様々なことがあったそうです。)

寄付と言う価値観がアメリカと日本では違うと聞きます。

養子もしくは、子供と言う価値観も日本とアメリカでは違う。

価値観の違いをはっきりと感じた一コマでした。

Some North American guest have adapted child.

Some of them adapted kids from not their countries but for example Ukraine that was war and many kids had damage mentally and physically.

Furthermore, they accepted kids not

because they couldn't make child but they have had kid already and then they decided to accept.

I listened the story from my patients when I treated them.

As I imagined, it is really really hard to be moved to another country after getting trauma in childhood without knowing anything, no one and be grown from someone whom they don't know at all.

For example, they disappear from their parents and lost connection at all, addict to alcohol or sex and parents give up to grow them up for such a situation etc.

(At least in my image) from the way of Japanese thinking, to be honest, their way of thinking is difficult to understand for me that they decide to adapt the kids even if they hear such a thing.

In a guest's case, when she lived in Vietnam for husbands job, she saw the reality of children who were injured by Vietnam war and they decided to adapt kids from Vietnam.( they actually faced many problems for example he abruptly disappear from their house etc.)

The way of thinking to the donation is different between Japanese and north American.

To adapt the kids or to grow children would be also different between us and them.

I felt the way of thinking throughout these experience.