読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

旅をしていると不意に思うことその1 a strange feeling when I trip no.1

*English is after Japanese

周りで全く理解できない言葉が電車行き交う。
旅の醍醐味の一つだと私は思います。

日本にいると、否が応でも人の会話が耳に入り、それが理解できてしまいますが、海外ではそうもいきません。

そうやって、その状況に馴染んでくると、自分は自分であって自分じゃないような不思議な感覚に襲われます。

続きは次回に。


I can't understand any conversation at all in the train.
I think it is one of the greatest thing in the trip.

When I'm in Japan, even if I don't concentrate, I listen some conversations and understand the meaning. But in over seas it never happen.

Once I start to get used to this situation, I am I but it's like I'm not I. Very mysterious feeling.

To be continued.

f:id:acupuncturistontheship:20141107140742j:plain