英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

三徳山投入堂と緊張感 tension with Nageiredou in Mt.Mitoku

*english is after Japanese 

f:id:acupuncturistontheship:20141026193318j:plainf:id:acupuncturistontheship:20141026193305j:plainf:id:acupuncturistontheship:20141026193251j:plain

家族旅行最終日午後は三徳山投入堂でした。

写真家土門拳氏が一番美しい仏閣と(確か)褒め称えていました。
入口から一時間。辿りついたお堂は山も含めた厳しい自然と対峙する人々の尊敬と崇拝の念が込められているように感じました。

土門氏が撮った室生寺をみて感じたあの緊張感を、投入堂では五感総動員で感じられるというのが印象です。(冬山に登った時にしか感じることができない、自分が人間というより動物に近くなる感覚と言ってもいいかもしれません。)
次は冬に行きたいなぁ。

In the afternoon of family trip we went to Nageiredou at Mt.Mitoku.
Photographer Ken Domon said this is the most beautiful temple.

After one hour from entrance, I felt respect and worship to tough and hard nature including this mountain.

The tension and feeling of the picture in Murouji temple taken by Mr.Domon, I can feel it with five all sense in frond of Nageiredou. It's my impression.
(Or I can say that I can feel it only when I'm in the winter mountain. In this environment,  l feel like I am not human being but animal there)
 
I want to go here in winter next time.