読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

東洋医学は現実学その1 oriental medicine is realistic medicine No.1

*English is after Japanese

東洋医学は現実的な医学。神秘的なものではありません。
東洋医学はこういう脈だとこんな状態、こういうお腹だとこんな状態というのを学び、病態を把握する学問です。
つまり、患者さんの身体の情報を集めるのが仕事です。

その作業は主観を拝し、客観的に集めなければなりません。
なぜならその病態は自分ではなく患者さんだからです。
なので、東洋医学は現実的な学問と言えます。

でも一方で治療は神秘的な側面もあります。それは次回に書きます。

Oriental medicine is realistic. Not mysterious.

Oriental medicine is the medicine that we study if his pulse is like this, he is like this. And if her stomach is like this, she is like this.
Throughout it, we diagnose patients condition.
In short, my job is to gather the information from my patient.

In this process, I have to gather information not subjectively but objectively.
Because these information is from my patient not me.
So I can say oriental medicine is realistic.

But on the other hand, the treatment has the side of mystery.
I'll write it next time.