英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

ロビンソンクルーソー島 Robinson Crusoe island

f:id:acupuncturistontheship:20150126120206j:plain

f:id:acupuncturistontheship:20150126120211j:plain

English is after Japanese

先日チリにあるロビンソンクルーソー島に行きました。

まさかこんな名前の島が実在しているとは。。。

正直言って、驚きでした。

ロビンソンクルーソーの物語がどんなものでフィクションだったかも忘れましたが、島自体は自然が豊かで美しい島でした。

この島にしか生息しないアザラシがいて、山に登り、反対側の景色が見えると、彼らの鳴き声が聞こえました。港では聞こえなかったので、登った人だけの特権です。

言葉には表現し難いのですが、生きてるなぁという慟哭に駆られました。

南米にはまだまだ知らない場所がたくさんあるようです。

去年みれなかった側面を一つでも多く見れたら。

そう思います。

The other day, I went to Robinson Crusoe island in chili. The island such a name exist in this world actually... To be honest, I'm shocked.

I forgot the story of Robinson Crusoe and this story is fiction or not, but the nature is really enrich and beautiful.

They have sea lions that live in only this island. When I climb up the mountain and see the view of the other side, I heard their voice. I couldn't hear it in pier, it's the privilege for the person who climb up.

It's difficult for me to describe but this experience give me the shock that I realize to live now.

In South America, there are is many places that I don't know at all.

If it's possible, I wanton to see the aspect that I can't see in last year.

I really believe so.