読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

世界の洞窟の見方から痛みに関する考察その3the view how to watch the caves connect to the opinion about the pain no.3

*English is after Japanese

痛みの定義や度合いは人それぞれですが、全世界の人が基本的に"痛みとは何か"を主観的ながら知っています。

そうした観点に立つと、日本人だから効く何てのはなく、全世界においてある症状のこの場合はこう治るというのがあってもおかしくないんじゃないのかなと思っています。

世界中の人を相手に治療していると、人が抱える問題や病気にそんなに差はないなと感じます。

そうした思いも、上記の考えを持つに至った理由の一つかもしれません。

この考えからさらにもう一歩とあれこれ考えていますが、まだ出てきません。

何か湧いたらまた綴ります。

The definition and the range of pain vary on the person, however, every human being basically know what is pain subjectively.

From the view of this point, I think it doesn't exist that this way is effective only Japanese.

It means , I believe it exist that in this case of this des ease, we can treat it with same method in all over the world.

I treat the guests who is from all over the world. I feel there isn't big difference between the problem or disease we have.

Throughout this experience, I might hit upon such a opinion.

I try to have deeper opinion from this view but I am still thinking.

When I have some ideas, I'll write it.