英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2017年からロンドンで治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

三菱重工をやめて、鍼灸師になって、クルーズで働いて、ロンドンで働けたことをどう考えよう。その2

その1の続きです。

 http://acupuncturistontheship.hatenablog.com/entry/2019/03/08/032931

 

前の記事を見ると、時々同じことを考えてるなと思います。自分をやっぱり運命論者だと思ってるんだろうな。。。

で、運命論者ってどういう意味だろうと思ったら、運命論者という言葉はなく、国木田独歩氏の作った小説があるだけなんですね。

しかも青空文庫でタダで読める。

これは読むしかない。

 

https://www.aozora.gr.jp/cards/000038/files/336_15957.html

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/宿命論

 

まあ興味があれば、続き読んでみてください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

僕の場合だと、

1) 三菱重工時代に全く上司との関係がうまくいかなかった→初めて鍼灸を受け感銘を受けることができた。関係が全くよくなかったから会社をやめる決断ができた。(会社自体は残業代も出るし、休みもあったり、ぬるい(?)会社だったので辞める理由はなかったと思っています。)

 

2) 会社のあった地域が父親の先祖が住む土地だった→スピリチュアルな話になるかもしれませんが、父親の家系は医者の家系だったらしく、僕の父型の親戚筋には誰も医療系の人はいないのに、なぜか僕と弟はその業界の職についた。この仕事は先祖に導かれた気がずっとしています。

 

3) 勤めていた鍼灸院の院長と揉めて辞めざるを得なくなった→ずっとこのまま勤めて日本で開業なんてことも考えていたのですが、辞めた時に「ここで海外に行く機会がなければ、次はもう一生来ない。」と不意に思い海外へ行く手段を探す。

 

4) 船を降りる決断をした時に、イギリスでビザを出してくれる会社を見つけた→ずっとネットを探しててようやく見つけたサイトのしかもほんの片隅にそういうことをちょろっと書いてある記事を見つけ一か八かで応募したら面接まで行って受かった。今振り返ると、このタイミングでイギリスに来ていなかったら働けなかったし、日本に帰国して2日後に僕の住む神戸へ行く用事があるから面接を受けるかと言われて首を縦に振らなければ、全てが遅れて、うまくいってなかったと思う。

 

5) 奥さんを見つけた→初めて出会って2週間ほどで付き合い出し3ヶ月後に同棲、7か月後に結婚とお互いびっくりするぐらいの展開でここまで至った。彼女が永住権を持っていたため、イギリスでずっと住むことになる。

 

この1ー5がこの10年でのターニングポイントになりました。たまたま起きただけなのか、何かが引き起こしただけなのか。正直わかりません。

 

人は自分の人生を肯定したがるものだし、過去の点と点を線にして今の「私」を確認したがるものだと思っています。

それは正しいけど、正しくない。良いことを解釈する時にはいいけど悪いことを解釈する、特に生まれた環境(例:暴力を振るう親の元に生まれた)をどう解釈すればいいのかがわからないからです。

それでもなお意味があって生まれたと人は言うのかもしれませんが、僕がその立場だったら、そんな運命の元で生まれたくありません。

色んな患者さんの過去の話を聞いていると、本当にそう思います。

 

波乱万丈な人生を送っている患者さんが「自分の人生のバイオロリズムが底まで来て初めて人は足を地面につくことができて上に上がれるんだ。」と言っていました。

確かにターニングポイントを見返すと1と3が底で鍼灸師になったり海外で働いたりと大きく人生が変わったなということに気づかされます。

 

次にいつ底が来るんだろう。もう来ないのか、それともまた来て這い上がるのか。

毎回自分が成長できていれば違う井戸に落ちて、違う底になれそうですが、成長できてなければ同じ底に着くように思うな。

 

まずは奥さんへの小言をやめよう。。。

 

 

運良くイギリスに残れた患者さんが言っていました。「おこがましいと思われるだろうけど、日本に戻らなければならなかった人の分も働いていたい。」

 

僕も心のどこかにそのことを刻んでおきたいなと思っています。

 

 

f:id:acupuncturistontheship:20190322021825j:image