読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

イギリスのパンケーキデーってご存知ですか?

そきれイギリスのパンケーキデーというのをご存知ですか?

キリスト教にまつわる伝統行事で、主に英語圏で祝われているそう。

 

この日はキリスト教徒が復活祭前に行う40日の断食期間(日曜除く)を前に、卵や牛乳などを消費するのと同時に、滋養を摂っておくために、パンケーキを作ったのが始まりとされている。(現在は40日も制限する人はもちろん少ない)

パンケーキデーはShrove Tuesdayとされる日に行われ、「イースター・サンデーの47日前」として数えます。

2017年は2月28日の火曜日で、ちょうど私の休みとかぶったため、そのお祭りを見に行ってきました。

 

イギリス各地でお祭りは行われるそうですが、私は街中で行われた「Parliamentary Pancake Race」に行ってきました。

これは1988年から始まり、国会議事堂の隣で行われ、上院議員・下院議員・報道関係者の3グループに分かれてリレー形式で優勝を競います。スーツの上にエプロンを掛け、シェフのコック帽をかぶりながら、フライパンのパンケーキをひっくり返しつつ走っていきます。

 

f:id:acupuncturistontheship:20170309030213j:image

会場はとても綺麗な場所です。

 

 

10時スタートということで、自転車を飛ばして向かいましたが、案の定中々始まりません。。。

議員の方々はマスコミ向けのアピールも兼ねて、取材陣からインタビューを受け、絵になるようパンケーキを裏返したり、列になって写真を撮られています。

  

f:id:acupuncturistontheship:20170309030635j:image

 

そして入場。

f:id:acupuncturistontheship:20170309030338j:image

 

 

みんな丁寧に裏返しながら律儀に走るのかなと思ったら、全然そうではありません笑

パンケーキを落として小さなかけらをのせたまま走り続ける人やコック帽をパンケーキの代わりにのせて走るなどみんな想像以上に勝つために必死です汗

けっこう盛り上がっていました。

賭け事が盛んな国ですから、このレースも議員同士で賭けていたのかもしれませんね。

 

f:id:acupuncturistontheship:20170309031024j:image

 

イギリスで初めてこういうイベントに参加したのかもしれません。

せっかくだし、もっと楽しんでいかないと。