読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

不安が立ち込む

自分の奥底にある不安の源泉

 

過去からの不安

未来への不安

自分を形作る環境という不安

 

 

不安が混沌を産み出すが、それは現象であって混沌自体は本質ではない。

 

独り言という、不安な自分に話しかけ、自分が自分という知り合いを作り出そうとする。

 

 

頭に歌を流すことで不安を解消し、脳内キャンバスに色もしくは混沌を流し込む。

それは一時的な蜃気楼に過ぎず、言いようもない霧が再び立ち込める。

 

この霧を、

どう晴らそう、どう付き合おう

 

答えのない問いに混沌が生み出され、自分を自分の穴に落とす。

 

そうやって歳をとり、死んでいくんだろうな。