読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

チーズとグァバ? 未知なるキューバンスイーツ

f:id:acupuncturistontheship:20160109192626j:plain

フロリダから日本に帰る日がやって来ました。

実はヨーロッパからアメリカに来た日は船員にとって最も緊張する日の一つです。

なぜなら、USPHと言うアメリカの沿岸警備隊の実施するクルーズ船に対する監査が入る日だからです。

もちろんその日に船を出る私やその他のクルーには問題なかったのですが、そのためにあまり見送りに来てくれませんでした。

まあ別にいいのですが笑

帰りはマイアミ→サンフランシスコ→羽田→伊丹で3回乗り継いで戻ってきました。

ただ、サンフランシスコが1時間半、羽田が70分と非常にトランジットの時間が短くどうなるかドキドキものでした。

今回は、マイアミの空港で見た食べ物について書きます。

マイアミはメキシコ湾に接していることもあり、スペイン語を話すいわゆるヒスパニックの方が非常に多く空港で働いているスタッフもヒスパニック系が多いです。

だからか、初めてキューバンカフェを空港内で見つけました。

そこでびっくりしたのが、キューバンスイーツとして"チーズとグァバ"のペイストリーがあることです。

チーズに南国系のフルーツ。どんな味がするのか。。。

早速購入して食べましたが、意外にいけました。

なんというか、チーズがグァバの甘さを引き立てている印象を受けました。

サンフランシスコでも見かけましたが、デンバーやシアトルなどでは見たことがなかったので、アメリカ南部の空港のみでチェーン展開しているのかもしれません。

ぜひ一度ご賞味あれ。(いずれ日本で流行りそうですが)