読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

クルーズでのイスラエル訪問記3 サフェド訪問とユダヤ教のお祭り visit Israel by crushing no.3, visiting Safed and watching Jewish festival

English is after Japanese

メロンの次はサフェドと言う街に行きました。大学がある大きな街です。


色々な場所を巡り記すことはたくさんあるのですが、1番心に残ったものだけにします。それはユダヤ教のお祭りです。

ちょうどある教会を訪れた時に、何やら音がしてきました。
ガイドの人曰く、「この祭りはある男性がある年齢に達したことへのお祝いだ(今回は13歳になったとのこと)」と言っていました。
日本で言う成人式の一種みたいなものでしょうか。
教会の奥から像?棺?のようなものを担ぎ出し、真ん中の教壇のような場所に置き、お父さんや親族とそれに祈りを捧げていました。
間にギターとトランペットの音楽を交えながら、儀式を祝して飴を投げます。
こちらも投げ返したりしつつ、最後は奥から持ってきた像を返して終了。

神道で言う七五三にあたるようなものなのでしょうか。

偶然でしたが、みれてよかったです。

After Meron, we went to the town called Safed. It is big town that has university.

We visited many places in Safed and have many things to write.
But I write only one. It is the ceremony for Jewish in their church.

When we reached the entrance of the church, we heard some sounds form there.
The guide explained us" the purpose for this ceremony is to cerebrate that one man became 13 years.".
It would be a kind of coming of age cerebration for 20 years old in Japan.


Inside part of the church, it had door, they bring something look like statue? Coffin?, put it at the center like platform and he prayed to the God with his father and relatives.

someone was playing guitar and trumpet in between praying, they throw the candies for cerebration.
We also return them as cerebration. At last the boy who was cerebrated return the statue to the inside. And then finish.

It's like festival by children aged 7,5 and 3 in Shinto.

It was by chance but I was lucky to watch it.

f:id:acupuncturistontheship:20151106153052j:image
真ん中で親族と祈りを捧げています


f:id:acupuncturistontheship:20151106153116j:image
像を戻して終了

f:id:acupuncturistontheship:20151106153153j:image

みんな楽しそうでした。