英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

突撃ベネチア映画祭その2 film festival in Venice no.2


*English is after Japanese

会場に着いたのは夜10時。
オフィシャルグッズストアはすでに閉まっており寂しかったですが、インフォメーションセンターでパンフレットを入手。
やってる映画を見たところ、違う国の映画しかなく断念。

日本の映画監督では黒沢清監督が招待されていました。
トウキョウソナタは私が海外で働こうという動機を持つ上で、大切なものの一つです。
去年のカンヌで出会えた河瀬監督のように黒沢監督にも会えるかなとレストランなどを除きましたがダメでした。。。
残念。
リラックスした人たちが寛ぎながらお酒やピザを片手に話しているカフェの横にはパブリックスクリーンとしてドキュメンタリー映画が上映されていました。
平日の夜にも関わらず、そこは大盛況でした。

夜が遅すぎたせいもあり、地元の人たちの映画祭の夜の楽しみ方しか満喫できませんでしたが、少し地元民になれた気がした突然映画祭でした。

I arrived film festival hall at 10pm.
Official goods store was closed. It made me sad. I just got pan fret at information center.
Although I check today's schedule, I gave up to watch because they have only different countries movie.
In Japanese film director, Kiyoshi Kurosawa was invited.
"Tokyo Sonata" that he directed was one of the important thing that make me motivate to work abroad.

I met Mrs Kawase director at cannes film festival last year.
I thought that I could meet with him last year and I saw restaurant etc. but I couldn't... 
I didn't have fortune.

Relaxed people felt free and spoke with friends by drinking and eating pizza in the cafe.
And next to cafe, documentary film was screened as public screen.
Nevertheless weekday night, there were so many people in there.


It was too late to visit, I enjoyed only the night time that local people enjoy on film festival. But I felt like local Italian.

It was my memory of Venice film festival.


f:id:acupuncturistontheship:20150926195033j:image
Main festival hall

f:id:acupuncturistontheship:20150926195104j:image
Public theater