読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

日本を飛び出した理由とジンバブエからの声 No.2. Why I jump out from Japan And the voice from Zimbabwe

f:id:acupuncturistontheship:20150826233203j:plain

*English is after Japanese

その1からの続き。

日本を飛び出た理由をジンバブエから来たゲストに話したら、ジンバブエは階層(裕福ー貧困)がはっきり分かれていて、その貧困さはみるに耐えないと言われました。

自分の住んでいる国の国民が、貧困に苦しんでいる。しかも、私たちの想像を超えたレベルで。

彼女が言うには、中国からの投資を得て、鉱山を開発するために大量の資金を得たものの、それらは政治家の車に消えたと言っていました。

そんな話を聞くと、「世界での」糧の得方でも書きましたが、日本の状況の普通さに驚きます。(日本の政治家もお金を流用したりして、大差ないとも言えますが。。。)

先日も、セルビア人の同僚がセルビアのスパで働いていた時の月給が400ユーロで、一年間で300ユーロ貯めてギリシャへ一週間遊びに行っていたと言っていました。

400ユーロ。日本で工場で働けば、5日で貯められるお金です。

その話を嬉しそうに話す彼女に私は何も言えませんでした。

日本は将来どうなるのか。ジンバブエセルビアのようにならないか。

身軽な状態でどの国でも生活できるようにしておきたいなと改めて思いました。

To be continued from no.1

When I explain the quests the reason why I escape from Zimbabwe, she told me the layer between the rich and poor is really clear and their poverty is hard to see.

The citizens who live same country with her suffer from poverty. And it's beyond our imagination.

Furthermore, the government got investment from Chinese government.

Nevertheless politicians use this money for their own car.

When I hear such a story, as I wrote before, I'm surprised at Japanese normality.( but of course Japanese politician also embezzle our money...)

The other day, Serbian colleague told me when she worked at spa in Serbia, her monthly salary is 400 euro.

She save 300 euro in one year and then go to Greece in one week as vacation.

400 euro. We could get this amount by 5 days.

When she spoke to me happily, I can't say anything.

What's happen in Japan in the future?? Our country will be Zimbabwe or Serbia, won't be!?

This memory give me the feeling that I should prepare to live in all over the world flexibly.