英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

何もない国スロベニア there is nothing, Slovenia

f:id:acupuncturistontheship:20150711062824j:plain

*English is after Japanese

昨日はスロベニアのコペールと言う港でした。

スロベニア

皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?

私は何もイメージがありませんでした。

スロバキアに似てるなぁぐらいしか笑

自転車を飛ばしてピランと言う街へ。

びっくりしたのが中心の広場に誰もいなかったことです。

広場が象徴的なように、なぜか一体には何もない。(首都には行ったことがないのでわかりません。。。)

でも、蝉がどこかしこで鳴き、止んだ瞬間、空気が止まったような錯覚すら覚える景色。

私の祖母が都会育ち(産まれた時点で祖母1人しか祖父母にあたる人はいません)のため、田舎、と言うのを知らない私が言うのもなんですが、これを田舎と言うのでしょうか。

田舎を懐かしいと思う、でもその懐かしさの記憶の源泉はどこなのか。私が見たり聞いたりして作り出したイメージが、懐かしいと言う実体験にはありもしない感覚を作っているのか。

そもそも懐かしいって何だろうか。

一度じっくり考えよう。

そんなことを考えながら、自転車を漕いだスロベニアでした。

Our ship docked Koper in Slovenia yesterday.

Slovenia.

What images do you have?

I didn't have anything. I had just spell is similar to Slovakia...

I went to Piran by bicycle.

What makes me surprised is that no one is in main plaza.

This symbolize my impression to Slovenia. I don't know why there is nothing surrounding Koper.( since I've never been to capital, I don't know its atmosphere.)

But the cicadas make sounds everywhere and when the spun was stopped, it looks like the air is freeze.

My grandmother lives in city( when I was born, I had only one grandma). So nevertheless I don't k now the country, I thought this is country.

I recognize this feeling as "dear", but where this feeling comes from??

The images I saw and listened in the past make this feeling but I don't have any memories that I feel dear to the country.

What is "dear" for us???

One time I should reflect deeply.

While I thought such a thing, I rode bicycle in Slovenia.