英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

始めてシェアボタンを押してみた what I share for the first time in my life

*English is after Japanese

振り返ると、船で働き始めて約2年半。齢としては31。
短くもなければ長くもない。そんな年齢です。

フェイスブックでシェアなんてしたこともなかったし、することを考えたこともありませんでしたが、友人のささやかな門出に興奮してしまい、ついボタンを押してしまいました。



美術をかじったモノとして感じるのは、何かを形にするというのは本当に大変なことです。
治療で患者さんがよくなる瞬間や過程も、それはもう言葉に変えられないほど美しいと思うのですが、それは私が地味にきづきあげたものが、少しだけ報われたのかと1人悦に浸ります。(勿論それはたくさんの失敗の中のほんの一部でしかありませんが)

友人がアルバムを出しました。10年の結晶。
おめでとう。
ギリシャかトルコでダウンロードして聴きます。

全世界の知り合いの船員の1人でも興味を持って、ダウンロードしてくれたら嬉しいなぁ。

When we look back, it passed about 2 and half years. I'm 31 years old.
It's not short but long. Such a age.

I've never share something or imagined to
share in Facebook but I'm so excited at my friends small but big anniversary. And then I share for the first time.

As the person whom I study art only a little bit, it's really difficult to make something concretely.
When my patient feel good, this moment or this process is really beautiful that I couldn't describe well, it's like, I study and practice day by day and it was rewarded little bit. 
And then I feel happy and am satisfied by myself.( of course it's a part of my many failures for my treatment.)

It's the crystal of ten years.
My old friend released the album.

Congratulations.
I download and listen from Greece.

If one of the crews I know in all over the world is interested at their album, I'm so happy.


image1.JPG
サントリーニを部屋から眺める
The view of Santorini from my cabin