読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

ヴェネチアでしたいけどためらっていること what I want to do but hesitate

f:id:acupuncturistontheship:20150615151627j:plain

*English is after Japanese

それは、ヴェネチアビエンナーレに行くことです。

5-11月と言う半年にも渡り、また、計7日以上はヴェネチアに行きます。ただ、エンバケーションデイと言って、新しいゲストが毎回乗船してくる日なので、スパを案内するために、昼過ぎには船に戻らないといけないのです。

パビリオンが開くのが10時。船に戻ることを考えると11時半にはないといけない。

チケットは一日しか有効期限がない。。。明らかに時間がないしチケットは高い。

悩ましい。

ただ、モノ派のLee Woo Fhanの作品がパビリオンとは別の会場で観れるそうなので、行こうと思います。

去年ベルサイユ宮殿にいった時に書きましたが、宮殿の庭で行われていた氏の作品の会期にギリギリ間に合わなかったので観たいです。

ある友人からモノ派(70年代の日本美術の流れ。詳しくはWikipediaでどうぞ)が再び脚光を浴びていると去年聞きました。(Lee氏はモノ派の代表的作家)

しかし、彼は人気があります。

観れるといいなぁ。。。

It is to go Venezia art biennale.

It's held Sent from my iPhone

However, we go to Venice for embarkation that means new guests come to the ship. That's why I have to go back to the spa around noon.

Pavilion opens from 10am. When I consider the time to go back to the ship,

I need to leave half pass 11.

The ticket is valid only one day.... Obviously I don't have time and ticket is expensive...

I'm still thinking.

However, we could watch the works of Lee Woo Fhan who belongs to Mono-ha at the place apart from pavilion.

When I went to Versailles palace, I wrote in my blog, as I couldn't watch his works in its garden not to be on time for session, I want to see it.

From one of my friends, I heard Mono-ha ( that is main stream of Japanese art scene in 1970'. If you want to know more, please search it in Wikipedia.) restart to have spotlight last year.

He is popular now.

I want to watch it...