英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

見たかったソフィ・カル I wanted to see the works of Sophie Calle

f:id:acupuncturistontheship:20150529040421j:plain

*English is after Japanese

 

私が好きな美術家にソフィ・カルという人がいます。

大学時代に、彼女の有名な作品の一つである「目の見えない人に一番美しいと思う風景を伺う」を本で見た時に衝撃を受けたのを覚えています。

 

でもその一方で、私の知り合いが「現代美術と言うジャンルは、同じ絵を描き続けて美しさを築き上げるもののではなく、「何かに気付かせる」ものが多い。でも、美術はそれでいいのか」と言っていました。

それもまた衝撃でした。ある種の現代美術批判とも言えますが、言わんとすることもまたよくわかります。

語弊を恐れずに言えば、薄っぺらく感じる作品が多いのでしょう。

 

そう言った話は、ナンバーワンかオンリーワンかと言う問題に行き着くのかもと思いました。

 

鍼灸の世界でも、何々流という技をずっとやっていくか、自分のオリジナルを作る(オリジナルが存在するかと言う問題は別にして)か。それに大別されると言ってもいいでしょう。

 

そんな独り言はさておき、ソフィ・カル見たかったなぁ。(バルセロナでやっていたのですが、月曜のため閉館。もうバルセロナには行かないのです。)

 

One of my favorite artists is Sophie Calle.

 

When I was university student, I saw her works that she asked blind person what is the most beautiful scene in your life and shocked.

But on the other hand, one of my acquaintance told me contemporary art is the one that make us notice something. Not like continuing same subject and finding the beauty. But is it art or not?

 

It was also shocked for me. It's one of the criticism to contemporary art. And I understand what she wants to say.

It might be my misunderstanding, I thought she didn't impress many of contemporary works at all.

Such a discussion would conclude the matter whether we want to be no.1 or only 1.

 

Even if in oriental medicine world, we could divide 2 main stream that they continue to treat patients with traditional theory or make their original theory( I know it's complicated question whether it exists original or not.)

 

Apart from monologue, I really wanted to watch the exhibition of Sophie Calle...( I saw it in Barcelona but it was closed due to Monday. I won't go Barcelona anymore...)