英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

船という環境の幸せ happiness to the environment to treat the patients on the ship

f:id:acupuncturistontheship:20150525210853j:plain

*English is after Japanese

船は治療を行う上で最適な場所の一つではないかなと思います。

食住があり、しかも作らなくていいし(同じものばかりで飽きますが)、職場は徒歩2分で(船の中ゆえ)、私のポジションは週に二回部屋の掃除がつきます。

1度目の契約ではミドルクラスの船(それでもゲストは3千人)で、クルーも多かったためよく夜は遊んでいましたが、今は治療の手段として鍼に固執しないようになったためか、治療がさらに楽しくなり、勉強をずっとしている気がします。

小さな船はまた、娯楽が少ないため何かに取り組むにはうってつけの場所です。

まだ契約が始まり一か月も経っていませんが、治療をし、なぜそうなったと見立て、そして自分がどうアプローチすべきか(すべきだったか)を考え、フィードバックを繰り返す。

このサイクルを余分なことを気にせず取り組めるこの場はただただありがたいなぁと思います。

自分のため、そして私の仕事が人のためになった(結果がだせた)と言えるように精進して行こうと気を引き締めます。

I think it's one of the best environments for me to treat the patients on the ship.

I have food and place to sleep, I don't need to cook( I'm tired to eat same foods everyday...), I need 2 minutes to go work place( it's in the ship), furthermore I could get house keeping twice a week.

My first contract is middle class( but guests are 3 thousands) and there are many crews, too. So I played a lot at night,

But now since I start not to stick the needle for treatment, I enjoy the treatment more than before, I think I study as much as possible.

And small ship has nice place to concentrate on something because it has only a few leisure to enjoy the ship life.

It pass less than one month. But I contribute to feedback why patients have problem, I treat them and what should I do next( or what should I did before).

I really appreciate this environment because I don't need to be bothered a lot of daily matters.

For myself and to be able to say what I did is for someone(=I produced the results), I'll refresh my mind an do my best every day.