読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

どういう意識で戸を閉めるか what's your consciousness for closing the door

f:id:acupuncturistontheship:20150413200947j:plain

*English is after Japanese

あるテレビ番組での一コマ。

元TBSアナウンサーの青木裕子さんが、旦那の矢部さんの立てる物音に注意をしました。子供が目を覚ましてしまうかもしれないからです。

その後も幾度も目を覚まさせる行為をする矢部さん。

なぜそうなるかを考えた青木さんは、つまるところ「赤ちゃんのことを考える。」と言う意識が矢部さんにはなく、そこを変えない限りミクロなこと(物音を立てるなど)は変えられないと気づき、そこを注意したとのことでした。

その後どうなったかは知りません。ただこれを観た時、これに気付き、実行できるかが私に問われているなとはっきり感じました。

人と同じ場所を共有する場合、自分のルールだけを通用させことは(絶対的な上下関係がない限り)できません。

相手の思惑を受け容れつつ、自分のルールも受け容れもらうのが共有するという言葉の意味だと考えます。

ただ思ったのは、青木さんの話の場合、相手が受け容れるのではなく、相手に受け容れてもらうことが必要です。

この差は大きい。本当に大きい。そしてとても難しい。

赤ちゃんは意思表示が苦手なので、受け容れてるかわかりにくい。

なので、受け容れてもらうように意識を常にもって行動するしかありません。

治療にしてもそうです。

患者さんは私の治療をお金を払って受ける必要は全くない=受け容れる必要なんてありません。

そのためには、自分が毎秒毎秒何をしているか気付ける必要があると思っています。

そうでないと、受け容れてもらっているか気づけません。

それを行うには、自分の心に常に余裕を持たないといけません。

そして余裕には相手(環境を含めた周り)に左右されない平常心が必要ではないでしょうか。

では平常心には何が必要か?

話が飛躍するかもしれませんが、自分の身体に余裕を作る▶︎身体を柔らかくすることなのかもしれない。

つまり、ヨガやストレッチなどを行うことが、意識を変える、いや変えられるための糸口だと感じています。

脳身体心が三位一体となって初めて、相手に受け容れてもらえる意識が持てるのではないか。

思いの丈を書いたため、鬱陶しさを感じられたかもしれませんが、これが青木さんの話に対する自分なりの答えです。

青木さんはどう思うかなぁ。。。

One scene on a TV program

Ex-announcer Ms. Yuko Aoki warn husband(Mr.Yabe ) for making sound. Because her baby might wake up.

However he did same action to wake baby up a lot of times.

Ms. Aoki try to detect why he did and concluded he didn't have the consciousness not to imagine his baby. Unless he didn't change it, he couldn't change micro matter like making sounds and she requested him to change this.

I don't know what happen after this story.

When I watch it, I just felt clearly that I'm asked whether I could notice, realize and put into practice or not.

In case we share same place with someone, I couldn't apply only my rule( unless absolutely relationship).

While I accept partners intention, he also accept mine. This is the meaning of "share".

I thought in Ms. Aoki's case, not baby need accept the situation but Mr.Yabe approach baby to accept him.

This difference is big. Really big. And very difficult.

As the baby isn't good at expressing his willing, it's difficult for us to judge he accept or not.

We just must act with the conscious to be accepted by him.

It's exactly same with treatment.

Patients don't need to pay the money for my treatment at all = don't accept me at all.

To carry out, I think I need to notice what I do each second with consciousness.

Because I couldn't realize whether patient accept or not.

And to do this, I need to have broad mind all the times.

And for afford, I might need self-possession not to be affected by people( including surrounding) .

Well, what do I need for self possession?

I might leap my story, to make space in my body might equal to make my body flexible.

In short, I feel yoga or stretch are the entrance to change or be able to change our consciousness.

When Brain-Body-Mind turn into trinity, for the first time, I could have consciousnesses to be accepted from patients.

As I wrote my passion, you might feel stress but this is my answer to Ms.Aoki's story.

I wonder what does she think...