英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

ある写真家の守破離 Syu-Ha-Ri of a phorographer

*English is after Japanese

 

写真学校に通っていた時の友人と先日会いました。

彼のストーリーを書くと、東京で有名な写真家のもとでアシスタントとして働いていましたが、その後、写真家をめざしニューヨークへ渡米。

しかし、思うことがあって、昨年帰国。4月から関西を離れ再び東京で住むそうです。

アシスタントとして働いていた時に心がけていたのが、「彼ならどう動いて、何を求めるか」だそうです。

その時に撮ってた写真はその写真家に似たテイストだったと言っていました。

 

そして最近今まで大切にして、すり切れるまで読んでいた写真集を手放したそうです。

彼が私に言ったのが、「写真集を持ち、見ていると、それに頼る。そういった写真しか撮れなくなる。」(私なりに解釈しているかもしれません。)

彼の話を反芻している時に思ったのが、これが「守破離か」というものでした。

守破離 - Wikipedia

 

彼の今の状態は、離ではなく、まだ破なのでしょう。

写真という今では誰でもが撮れるようになったメディアの中で、彼はどういう離をみせてくれるのか。

次に会うのが楽しみです。

Otherside and Me

 

The other day I chatted with friend whom I met when I went to photography school/

The below is his stroy.

He worked with famous Japanese photographer as assistant in Tokyo, however, he moved to N.Y. to be a photographer.

However, he came back to Japan last year. From this April, he will leave Kansei and live Tokyo again.

When he worked as assistance, his police was " How does he move and request if I am him.".

He told me "When he took picture around this time, his works is similar to his taste."

 

And recently he sold his important photography books he hold. He watched them too much and they were worn out.

"If I keep books and watch them, I rely on them. I can take photos that look like them"( I might interpret his words by myself)

When I reply this conversation over and over my mind, I thought this is "Syu-Ha-Ri ( Protect-Break-Separate"

His current contidion would be not "Ri" but still "Ha".

The picture is the media that everyone could use it, what kind of "Ri" can he show to us??

I look forward to meeting him again.

Otherside and Me

 

 

f:id:acupuncturistontheship:20150331155117j:plain

 

ギリシャサントリーニ島にある先史時代の遺跡。ずっと人は守破離を繰り返してきたのか。

Prehistorical remain at Santlini island, Greece. People continue Syu-Ha-Ri from long time ago.