読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

日本人とサングラスと平安時代 Japanese, sunglasses and Heian era

f:id:acupuncturistontheship:20150327135815j:plain

*English is after Japanese

日本へ帰国すると、違和感を覚えることがいくつかあります。

今回はその一つを書きます。

それはサングラスです。

日本人はサングラスをかけません。あんなに日焼けを気にしているのに。。。

海外では、観光地のメインストリートへ行けば、半分はサングラスをかけていると言っていいでしょう。

私も海外にいる時はサングラスをかけますが、日本ではかけている自分が恥ずかしくなり、かけません。

その理由は日本人の場合、人の目や表情で会話をしているからだと考えます。

平安時代に女性が眉を剃ったのは、人に表情を読み取られないからだと言います。

それはつまり、私たちは眉の動き方で相手を理解しているわけです。(タモリさんのネタが面白いのはサングラスをかけているからだと考えています。)

その一方、陸続きの国々の場合、侵略の歴史の続く例えばヨーロッパでは、相手の眉で表情を汲み取るというような繊細なコミュニケーションを取りません。

むしろ、自分の意見を口にして述べるという形式だとこの約2年半の経験から感じます。

つまり、相手を踏まえての自分というより、自分を踏まえての相手という感じでしょうか。それは聞き手が返事を返す時にも同様です。

そのようなコミュニケーションの場合、相手の眉がどう動くなんてのは関係ありません。つまり、相手がサングラスをかけていようがいまいが関係ないのだと思います。

だから、例えばカフェでお互いがサングラスをかけたまま会話なんてのもあるわけです。

その元となるのは、島国出身かどうか。だと思います。

これは我々の人生において、色々なところで影響を及ぼすなぁと船で働いてからよく思います。

それを踏まえて、世界へ出た時、自分がどういう立ち振る舞いをするか(もしくはできるか)は考えて損がないと思います。

When I came back to Japan, there are a few matters to feel strange. I'll write one of them this time.

It's sunglasses.

Japanese don't wear it, even if we care to get suntan a lot...

In overseas, if i go to the Main Street on sightseeing spot, I could say more than half wear sunglasses.

As for me, if I'm in abroad, I wear, however, I don't in Japan because I feel like a shame...

Why it happens is because Japanese communicate with someone's eye or facial expression.

In Heian era, ladies shaved their eyebrows not to notice people their emotion. It means we understand people by checking how to move their eyebrows.( one of the reasons why Tamori - San is interesting is because he wears sunglasses)

On the other hand, the countries that share long continent with others have long history for invading(for example Europe), they don't adopt precise communication method like checking our eyebrows.

Rather, they tell their opinion from the mouth. This is their style, I feel from the experience in approximately two and half years.

In short, the communication is based on not listener but speaker. This is same situation when listener reply.

In this way, they don't mind listeners eyebrow is moved or not.

So for example, they have conversation with sunglasses each other in cafe.

I think this deference comes from our birth that we're from island or not.

This fact affect a lot of matters in our life. I feel it often after starting to work on the ship.

From this perspective, when you work or live abroad, it is worth to think how to behave to the foreigners( or how I can behave) .