英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

プラスティックと人を不快に感じるワケ plastic and the reason to feel uncomfortable to the person.

f:id:acupuncturistontheship:20150326074008j:plain

*English is after Japanese

「彼女はプラスティックみたい。」

ある日、船で働いていた同僚があるクルーに対して私に言った言葉です。

その方は、レストランのマネージャーだったのですが、人によって態度が全然違いました。

そのため同僚がそう言ったのです。

多かれ少なかれ、人は人によって態度を変えてしまいます。でもその許容幅には限度がある。

そのことをその言葉は教えてくれました。

その一方で、なぜ私たちは不快に感じてプラスティックと言ったのか。

それは自分にも似たような部分があるからではないかと思います。

それをマネージャーは気にしていませんが、私は気にしているため、隠している部分をみせられため不快に思うのでしょう。

人のふり見て我がふり直せ

とは、人として持つ性質はみんな同じだという部分がミソなんだと改めて勉強になりました。

"She is like plastic"

This is the phrase to the crew. One colleague told me one day.

She who is the manager of restaurant changes her attitude depending on the person.

That's why Sent from my iPhone

More or less, we change our attitude to each person, however, there is limitation to forgive our attitude.

Above phrase teach me this fact.

On the other hand, why we feel uncomfortable to her attitude and describe her as plastic.

It's because I think we have similar factor in our mind.

She doesn't care this fact but I care, so I felt my hidden part was revealed and then I felt uncomfortable.

One man's fault is another's lesson

The point of this proverb is that we have some factor as human beings.

I restudy.