英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

入れ歯と死の受け入れ fake teeth and accept the death

f:id:acupuncturistontheship:20150322213449j:plain

*English is after Japanese

帰国して1週間ほど。

母親が部分入れ歯にしていました。

正直、元気な母親なので、ショックでした。

でも、なぜショックを受けたのか。

それは元気な母親にそんなことは起きないはずだ。

と、自分が思っていたからということに気付きました。

時間は私がどう思おうと進んでいます。それは私も同じで、風邪が治るのに以前よりも時間がかかっていることにふと気付きます。

老いは、進めるのを遅くすることは出来ても、止めることできない。

その事実に立ち帰れば、入れ歯になったという事実は、自分の老いひいては死を当人と周りが受け入れるステップなのかもしれません。

ある日、母が亡くなった時、その事実を点だけとしてみるか、こういった積み重ねを経て線としてみるか。

この差は、ある人の死の受け止め方に大きな違いがでるように感じます。

でもそれは逆に言うと、事故や天災で人をなくすと、それは大切な方をなくした当人にしかわからない苦しみ(それが"苦しい"のかも私にはわかりません。不快な思いをされた方がいたら申し訳ありません)なのだろうと思います。

自分はどう老いるのか。

抗いつつ、受け入れていきたいと思います。

It passed one week after coming back to Japan.

My mother change her teeth from original t o artificial partly.

To be honest, as my mother is really fine, I was shocked.

But why did I feel shock??

I noticed that it's because unconsciously I thought it never happen such a thing to my fine mother.

The time passed each second. They don't care our feeling.

This situation is of course same in my case too. Recently I realize I need the days to cure my cold more than before.

We can make it slow to get old but can't stop it.

From the fact of this view, the fact that my mother change her tooth might be the step to accept to get old or death for us.

One day, when I lose my mother, how to accept it?

Just point that I lost my mother or line that I pile the point for example she lost her tooth.

I believe This gap would make us difference to accept someone's death.

But on the other hand, when we lost someone by accident or natural disasters etc., I try to reflect but this grief is beyond my imagination( I don't know grief is right word or not. If you feel uncomfortable, I'm so sorry).

How to get old.

Resist and accept. I want.