英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

「今を大切にする」の徒然

f:id:acupuncturistontheship:20150310223607j:plain

*English is after Japanese

今を大切に生きる。

ありふれた言葉ですが、これが意味することは何なのか。

クルーズにきておられる日本の方と話して気づいたことがありました。

今は過去と未来の中にあります。

瞬間瞬間が未来をつなぐなら、今は未来のためにある。

そうなると、未来をどうしたいかがわからない限り今は大切にできないことになります。(もしくは忘れたい過去を変えるために今を楽しむ人もいます。それも視点が逆で過去のために今があります。)

私の先生の一人に四柱推命東洋医学の治療の一環として取り入れておられる先生がいます。

その先生が今の状態がその患者さんにとってどういう位置づけにあるかを知るには、四柱推命で得たその方の生まれもった点と今の状態の点とを結びつけて線にしないといけないと仰られていたのを今でも覚えています。それは、上記で述べた考えの基となっているかもしれません。

私は将来どうしたいのか。

考え続けて、今を大切にできていると思えるように生きたいと思います。

We need to live importantly each moment.

It's one of the general phrase for us to live well but what does it really mean?

When I discuss with Japanese guest who join this long cruise, I understand it a little bit.

Now is in between the past and the future.

If each moment make our future, now exists for the future.

From perspective of this point, we could say unless we don't know what do I want to do in the future, we couldn't spent current moment importantly.( or to forget the past, someone enjoy now. This is the opposite of the view. Now exists for the past.)

One of my teachers introduce "Sityuu suimei" as the method of oriental medicine.

He explained me that we need to make the line to know what does really happen to the patients current condition. And if we could know the point from "Sityuu suimei", we connect it with their current point and can make line. I still remember this phrase.

It might be the basis of my above opinion.

What do I want to do in the future?

Continue to think, and I want to live my life that I could say I keep my moment importantly.