読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

フォークランド諸島の印象を"何もない'と感じた考察

f:id:acupuncturistontheship:20150214202004j:plain

f:id:acupuncturistontheship:20150214202008j:plain

f:id:acupuncturistontheship:20150214202010j:plain

f:id:acupuncturistontheship:20150214202014j:plain

*English is after Japanese

南極に引続き、念願のフォークランド諸島に来ました。

去年天候の関係で唯一来れなかった島だったため、どうしてもきたかったのです。

半日歩きどおしで得た島の印象は「何もない」です。

それは否定的な意味ではなく、「何もない、がある」という意味です。

例えば、今後行くリオだと有名な山の上のキリスト像があります。そこで私も含め多くの人が写真をとります。

それは典型的な「何かある」です。

そういったものがないと、記憶に残りにくかったりします。

とはいえ、(混乱するかもしれませんが)何もなかったわけではないのです。

ここで初めて私はペンギンの群れをみました。それはとても新鮮で、今でも頭に絵があります。

でも、なぜかそれを何かあると捉えられないのです。

理由を自分なりに考えた結果、「相手が私に興味がない」からではないかなと主観的ですが、思いました。

山登りをしているとわかると思うのですが、、厳しいところにいけばいくほど、自分のことを自然が気にしない、受け入れないという感覚に私は襲われます。

でも、一方で厳しいところに行けば行くほど、自然は美しさを我々に魅せてくれます。

つまり、自然が自然として自立している(=自然が厳しい)ほど、我々はそれを美しいと感じるということです。

フォークランドは今は夏ですが、冬になると以前書いた夏の南極を想像するにそれはもう、厳しいものだと思います。

そういった自然環境において、私がみたペンギンの風景は、年間を通じて考えた場合、偶然に偶然が重なったからこそみれた景色なのでしょう。

現に去年は夏でも天候で寄れなかったわけです。

そうなると、私が何もないという印象を得た理由は、島の環境がたまたま来た我々にかまう暇というものがないからではないかと思ったのです。

もしくは、あまりにも私の住む環境と違うため、風景をただ違和感としか受け取れなかったのかもしれません。

ただ、「きれい」とか「美しい」という言葉では言い切れない印象を持ったフォークランド諸島でした。

After Antarctica, I visited folk land island.

When I tripped around South America last year, I can't land here due to bad weather.

The impression after walking half day is "nothing".

It means not negatively but " there is " nothing""

For example, Rio de Janeiro we go soon has famous Jesus statue on the hill. Including me, many people take picture in front of this. It's typical "something".

If the city doesn't have such a thing, we tend to have no memory to there.

However, (you might confuse) I couldn't say there isn't something.

I saw the crown of penguins here first time in my life. It's very memorable and it's picture still reminds in my brain.

But I can't recognize it as "something".

I try to find the reason and I thought " the nature doesn't care me" is the reason subjectively.

If you climb up the mountain, you would understand, if we go to the nature, more and more rough, they don't care me or accept me. I feel like this.

On the other hand, more and more rough the nature is, more and more beautiful the nature is.

In short, more and more independent the nature is ( independent equals rough), we feel it beautifully.

Folk island is now summer, when I imagine the winter in there, if I consider the summer of Antarctica, it must be really really rough winter.

In such a environment, the views that I saw penguins would be the really rare one by my big fortune.

Actually I couldn't visit here last year due to bad weather even if in summer.

If I consider this situation, I thought the reason why I had the impression like "nothing" might be because the environment on folk island doesn't have afford to take care the person that visit temporally like us.

Or the environment between mine and folk land island is too different, I just might recognize the views as uncomfortable or the beyond of my imagination.

I just couldn't say simply "nice" or "beautiful" . This was experience on folk land islands.