英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

南極へ 「南極の景色と聞かれて何を思い浮かべよう」 go to Antarctica "which picture do you imagine in "Antarctica""

f:id:acupuncturistontheship:20150207082336j:plain

f:id:acupuncturistontheship:20150207082340j:plain

f:id:acupuncturistontheship:20150207082349j:plain

*English is after Japanese

南極に向かう前、南極はどういう景色なんだろうかと考えていました。

氷の大地が拡がり、吹雪が舞う。

もしくは、チリの渓谷のよう。

私はだいたいそうイメージしていました。

でも、実際は半分あたりで半分はずれ。そんな印象です。

まず、恵まれたことに天候がよかったため、吹雪いてませんでした。

また、山の間を船で抜けて行くのですが、想像以上に山に雪がつもっていて、それと氷のブロックが共存しています。

煩雑な手続きが必要らしく、上陸できなかったのが残念でしたが、一瞬一瞬みせる景色が違う南極。あの感覚は初めて長期の登山をした上高地から室堂のルートの感覚を思い起こしてくれました。

とても神秘的でした。

Before going Antarctica, I imagine what views Antarctica has.

There are ice land and blizzard blow.

Or there are fiord like in chili.

I imagined like this.

But actually the half is correct and the lest was wrong. It's my impression.

At first, fortunately the weather was very good. That's why no blizzard.

Furthermore more than my expectation, there are snows on the mountain and at the same time there are so huge ice block on the ocean.

As we need very complicated procedure to land Antarctica, I can't put my foot there but each moment they have different beautiful view.

That feeling remind me the memory of my first long hiking from kami-kochi to murodou in Japanese Alps.

It was so mysterious.