英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

サンティアゴで食べたチリの食べ物たち Chilean foods in Santiago

f:id:acupuncturistontheship:20150124095416j:plain

f:id:acupuncturistontheship:20150124095420j:plain

f:id:acupuncturistontheship:20150124095425j:plain

*English is after Japanese

サンティアゴは首都ということもあり、デパートやマーケット、高層ビルなど色々なものがありましたが、あまり観光スポットはないと友人に言われました。

食べ物で衝撃だったのは、海産物のスープだと言って頼んだと思ってたら、出て来たのは海産物の上にソーセージや豚のステーキなど肉もごったになって出てきたことでした。

海の肉と大地の肉をいっしょくたにしてスープとして食べたのは、覚えている限り初めて。

味は想像以上に美味しかったのでよかったです。

あと飲んだのはアプリコットのジュース。カップにコーンとアプリコットを入れた上にジュースを注ぎます。これもまた普通に美味しかったです。

これはサンティアゴでは国民食みたいなもののようで、至るところでこれを売っている屋台を見かけました。(でも、チリで見かけたのは初めてで、もしかしたらサンティアゴ限定かもしれません。。。)

Santiago is capital in chili, there are many department store, market and high building and so on but my friend told me we don't have sightseeing spot so much.

The impact food was soup. I thought we ordered sea food soup but they served seafood soup but the sausage and pork stakes were on the soup.

It would be first time for me to eat meats from the sea and land at the same time as soup in my life.

The taste was better than my expectation.

And I also tried apricot juice.

They put corns and apricot in the cup and pour juice. It's also delicious.

This juice is like soul food in Santiago. I saw movable shop to sell it all over the street. ( I saw it in only Santiago so we might be able to taste it in only Santiago...)