英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

ペルーの食べ物市場 food market in Peru

f:id:acupuncturistontheship:20150119004131j:plain

f:id:acupuncturistontheship:20150119004132j:plain

f:id:acupuncturistontheship:20150119004133j:plain

*English is after Japanese

ペルーで市場に行ってきました。野菜、果物、肉などなど。

見ていると、食べ物そのものがもつ力の違いに驚きます。

I went to food market in Peru. Vegetable, fruit and meat etc.

When I see this, the energy the foods have themselves makes me impressed.

日本では工場内で野菜を効率よく作るというコラムを幾度か目にしましたが、ここの野菜をみれば、何というか、栄養素的にはカバーできても何かが足りなくなるのではないか。

そんな感じがします。

I read a few columns that we manufacture vegetable effectively in factory.

If you see Peruvian vegetable, even if we can cover the nutrition from Japanese vegetable, we couldn't get something important.

I think.