英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

パナマ運河は人の産物 Panama Canal, Human being property

f:id:acupuncturistontheship:20150114112112j:plain

f:id:acupuncturistontheship:20150114112114j:plain

f:id:acupuncturistontheship:20150114112116j:plain

*English is after Japanese

パナマ運河は二度目ですが、やはりいいものです。

人間ながら、これを人間が作ったのだと思うと、人間として少し誇らしくなります。

こういうのをみると美しいという感覚は、いわゆるアーティストの作品をみた時だけじゃないなぁと思います。

パナマ運河がこうして長い苦難の歴史を経ながらも存在しているというのは、やっぱりすごいし美しい。

山に登っている時に不意に見える景色なんかも理由なんていらないぐらい美しい。

アメリカ美術を大学でかじったこともあり、色々作品やなんかを今まで観て来ましたが、私は治療を通して、患者さんが私と息を合わせながら治っていく瞬間・過程が一番美しいと思っています。

人の背中にツボを探しながら鍼を刺していると、不意に呼吸が大きくなっていく。

相手と私がシンクロしあうあの感覚は、いつも涙がこぼれそうになります。

話はそれましたが、こういうものにずっと出会い、感動しながら人生を謳歌していたいものです。

It's my second time to go thorough Panama Canal, but it's nice.

when I think it's made from human, as human I'm proud myself that I'm human.

If we see such a thing, the feeling of beauty doesn't mean the moment only when we watch the works from the artists.

Panama Canal still exist after long difficult history, it's great and beautiful.

When I climb the mountain, we can see the view unconsciously. These are beautiful without any reasons.

As I wrote my final report as for American art, I saw some works etc. in my life, but I really think the moment and process that my patient feel better throughout my treatment is the most beautiful scene more than everything.

When I seek the point on patients back and insert the needle, their breath is suddenly bigger.

This synchronized feeling between me and patients makes me cry because it's just impress and beautiful.

Anyway I want to meet and am impressed the beautiful thing like Panama Canal all the time and enjoy my life.