読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

船はある意味海の孤島 the ship is a island in the sea

*English is after Japanese

一昨日と昨日と海が大荒れでした。

クルーズに来たことがないとわかりにくいかもしれませんが、海が荒れると本当に船は揺れます。

遊園地のフリーフォールの短いヴァージョン(2-3秒)が絶えず続き、時々大きなのが来て、スパにいるとサロンの椅子やプロダクトがフリーフォールに続いて動きます。

船が止まっている時は何てことはないのに、動き出すとどうしてこうも揺れるのか。

2年働いて船酔いには耐性がついたと思ったのに、久しぶりに酔いました。

船にはよっても、治療で自分に酔わないように気をつけます。

明日は二度目のパナマ運河です。

一度目ほどの興奮はありませんが、人の作った運河のすごさにはただただ圧倒されるばかりです。

また写真を載せます。

The day before and yesterday, the sea was so rough.

It might be difficult to understand if you have never experienced cruising, once the sea is rough, the ship is really rocked.

We always play short free fall(2-3 sec.) in amusement park, when the big one attack the ship, the chairs and products in salon move along with free fall.

When the ship is anchored, we don't feel anything but why we feel a lot if the ship start to move...

I worked in ship 2 years now. I thought I had tolerance about seasick but it wasn't...

Even if I am drank to ship, I'm careful not to be drunk my self.

Tomorrow is second Panama Canal in my life.

I'm not excited like first time, but it make me impress a lot.

I'll put pictures later.