読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

"外国人は鍼灸を受けるのか" から鍼灸のメリットを考えるその4 from the question " does foreigner receive acupuncture?" I think about the merit of acupuncture no.4

*English is after Japanese

なぜなら、身体の癒着がもとで、自分の身体のバランスが最近崩れてきている気がするからです。(主観的ですが)

西洋医学を否定する気は全くありません。事実痛みは手術後なくなりました。

でも、一度傷を受けると元には戻せません。そういうリスクや、人を治すための技術の刷新の先に手術はあるということは認識しておくべきだと思うのです。

もちろん鍼灸にもリスクはあります。(気胸やカウザルギーなど。気胸は刺す向き深さだけの話ですが、カウザルギーは手技で取れるものはなるべく手技で取るようにするしか今の私の知識では言えません。申し訳ありません。)

でも西洋医学にも様々なリスクがあることは認識しておいて欲しいです。

もしなにか身体の調子が悪いなら、ぜひ一度東洋医学を受けてみていただいたらと思います。

実費だと高いと思うかもしれませんが、服を買って身体の外を綺麗にするのか治療で中を綺麗にするのかはあなた次第。

高齢の方を治療していると、身体が資本だとつくづく思います。

自分の身体と心は自分以外誰も守ってくれません。

お待ちしております。

Because due to the adherence on my body, I feel my balance start to be broken recently ( it's my subject opinion)

I don't deny western medicine at all. In fact, after surgery my pain was stopped.

But once we have injured, we can't return it into before.

I insist we should consider such a risk and the operation is sophisticated by the history of technique to treat the patients.

If course acupuncture and moxibustion has risk, too.( Causalgia, pneumothorax etc. we can avoid the possibility for pneumothorax by the direction of needle but as for Causalgia, I can say if we can resolve with hands, we use it as much as possible. I can say only this in my knowledge. I'm sorry.)

However, please recognize that western medicine has a lot of risk including Causalgia.

If you feel your condition isn't good, I recommend oriental medicine one time.

You might think it's too expensive to pay the money without insurance. But it's up to you that you buy clothing and invest for external or receive oriental medicine and invest for internal.

When I teat elderly person, I really think the body is all. Without you, nobody care your body and mind.

I'm waiting for you.