英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

"外国人は鍼灸を受けるのか" から鍼灸のメリットを考えるその3 from the question " does foreigner receive acupuncture?" I think about the merit of acupuncture no.3

一度手術を受けると、どうしても身体に傷が残ります。

また、その傷跡は身体の癒着として残るため、将来その傷が新たな痛みや問題を起こすリスクもあります。

また困ったのは、手術の術式は進歩するため、今日受けた術式は明日には古く、なんなら別のリスクを生じる可能性すらあるわけです。

例えば私の腰には手術により大きな傷があります。これは、その当時ではその方法しかなかったわけですが、今だと非常識です。なぜなら身体へのダメージが大きすぎるからです。今だと例えばレーザーを使います。

その当時の最先端を受けたのだから仕方ありません。でも、それがいつしか非常識に変わるのだと、この仕事をして悟った時に、痛みが長引いても手術じゃない方法をとりあえず探せばよかったと本当に後悔しました。

続きは後日。

Once we receive surgery, we have injury in our body.

And as this trace stays in our body as adherence, it might make another pain or problem in the future.

Furthermore the surgery method will be progressed, the surgery you had today might be old and it might have another risk to our body.

For example, I have large scare on my lower back made by surgery. This method was on the edge at that time but now is out of common sense because it is too much damage to our body. Now the doctor use laser for example.

I can't say anything because I had best surgery but when I realize this turned into out of common sense after passing time, I really should find another way to avoid surgery.

To be continued.