読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

患者の層と客船での治療その2 the layer of patients and treatment on the ship no.2

*English is after Japanese

一方で、船は定期的に患者さんが総入れ替えとなるため、そういう発展はしません。なので、人づてで(7ヶ月の契約なので、前乗った友人から評判を聞いてというのは何度かありました)くるというのは基本ありません。

それはそれで、短期間にいかに結果を出し、納得してもらうかの毎回真剣勝負なので、非常に面白い。

船で働くことで、結果に対しシビアになれたと思っています。あと期待しないことを学びました。

売り上げが上がらず、辛いことはもちろんありますが、この道を治療家として通ってよかったなと本当に思います。

開業前の経験積むにはいい環境だとつくづく思います。

On the other hand, the ship change all guests each embarkation day, it's different from the way to be busy on land.

It means we don't have word of mouth basically.( my contract is 7 months. So I had a few times that a guest come to see me because his friend receive my treatment it was good)

But so on the ship, I have to produce the results in short term like seven days. I have to face myself each time to make patients be satisfied. It's very exciting.

Due to the experience that I work on the ship, I could be realistic to the results. And I learn not to expect .

I can't hit target and couldn't get enough salary many times but I think it was right choice for me to work in this environment.

Here is the really nice environment to get experience before opening my clinic.