読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

患者の層と客船での治療 the layer of patients and treatment on the ship

*English is after Japanese

客席で働いていて思うメリットの一つは、色々な人を診ることが出来るなぁということです。

開業している方を何人か知っていますが、長年続けていると、よくも悪くも自分にとって相性がいい人が患者さんとして集まってくるように思います。

店とは自分自身が投影されたものだと思うので、自分の色や好みがもろに出ます。というより、自分そのものです。

また、私の治療法や治療結果に満足される方が集まってくるわけですから、それは似た人が集まるのではと思うのです。

もし店を持ったら街コンならぬ治療店コンや、忘年会かパーティは患者さんとしたいなと勝手に妄想しています。

続きは後日

One of the merits to work on the ship is that I can treat different types of patients.

I know the persons who open their clinic, if we start to open, it's good and bad, the patient who comes regularly is the good match with me.

The shop or clinic is affected from me. They are just ourselves.

We can also say they come to my clinic because they are satisfied with my treatment or thinking way, so our patients would be similar or have same element.

In the future, when I have my clinic, I want to open the party to make opportunity to make some relationships like end years party etc. but now I just imagine.

To be continued.