読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

不満を言うより、自分を変えるほうが最終的にはもっと簡単 to complain is easy but to change by myself is easier at last

*English is after Japanese

仕事柄、人の愚痴を聞くことがよくあります。特にマネージメントをする方の。

船のあるマネージャーの愚痴を聞いていて気付いたのは、愚痴や不満は部下に対するものであるけど、結局は自分の思い通りにいかないことへの苛立ちなんだと言うもの。つまり、自分に対して不満を言っている。

愚痴は聞いもらうだけでいいとは、一般的に女性がよく口にするフレーズですが、妥協しているとも言えます。

マッチョな発想と言えばそれまでですが、それなら自分(マネージャー)がどう接すれば相手(部下)が長い目で見て変われるのか。
そういうアドバイスが出来るようになれたらと思いました。
特に職場や家族の場合、そういう険悪な人間関係が出来上がってしまうと、言ってることが正論でも感情的に許せない。となりがちです。

そうなる前にいかに自分を相手に合わせて変えれるか。それがポイントなのではないかと学びました。

As my job, I tend to listen someone's complain, especially they get involved with management.
When I hear a managers complain on the ship, I notice  grumble or complain is to the assistant, but at last she is annoied to them because she can't control them. It means she complain to herself.

The women tend to say they just want to complain, but we might be able to say they compromise.
I know my opinion is from the side of strong person, but if she compromises with complaining, I should advice her how can she approach the assistants by changing herself. 

Especially, in case of work place or family, once we have such a serious relationship, even if managers opinion is totally correct, assistant can't allow her emotionally.
Before having this relationship, how to changer ourself to them, I learn it this time.