英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

音楽家の身体 musicians body

*English is after Japanese 

先日、日本人の方で大学で音楽を教え・演奏されている家に滞在させて頂きました。

面白い話を聞いたので、時間がある時に書いていこうと思います。

何かを専門にされている方はどうしても、ある姿勢を長くすることが多いので、特定の筋肉が凝ってしまいます。

例えばチェロを弾く場合、足を開いて弾かないといけないとのこと。
それが肩を開くことに繫がるため肩の付け根が凝る原因の一つになります。
そういうはっきりとした癖をみると、身体のパーツがどのように関係しているかがよくわかります。
マッサージのみでしたが、遠隔のツボをどのように効かせるかを知るいい機会でした。

The other day, I had apportunity to stay in house that the family is Japanese and they do music as professional in Lugano.

As I heard some interesting story, I'll write it when I have time.

The person who work as profession uses same muscles because they have to keep creation position long time.

For example, when we play chelo, we have to open our legs.
It connects to open our shoulder, that's why to open our legs is the one of the reasons that we have stiffness on the roof of shoulder.
When I know such a clear habit, I understand what's the relationship between leg and shoulder.
I did only massage, but it was good opportunity to know what's the mechanism that why distal point is effective to our body.