英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

スイスのジビエ Swiss gibier

*Enlgish is after Japanese

f:id:acupuncturistontheship:20141109142953j:plain

この時期、スイスではジビエが盛んです。猪、鹿、はたまたマーモットも食べるとのこと。。。

変わってるなぁと思われるかもしれませんが、日本人食に対する欲も世界から見るとかなり変わっています。例えばフグ。毒も持つ魚と知ってて食べる日本人はおかしいと言われた時、何も言えませんでした。

話を戻すと、秋にしか食べられないこともあり、知り合いの方がされているレストランは連日大盛況とのこと。

写真はノロジカのソテー。
その前に食べた鹿のパテなんかもあり、スイスは今食欲の秋真っ最中です。

This period, Swiss eat gibier. They eat wild boar, deer and marmot etc.
(You might think its strange, but Japanese is also strange or crazy about eating.
For example, puffer fish. When my patients asked me why Japanese eat the fish which has poison, I couldn't say anything.)

I'll return the topic.
They can eat then only this time, so the restaurant I knew in this area is very very busy everyday.

The picture is sautéed roe deer. I also ate pate of deer. 
Now Switzerland is in autumn appetite!!