英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

大山に抱かれる embraced from Mt.Daisen

*english is after Japanese 

f:id:acupuncturistontheship:20141025073721j:plainf:id:acupuncturistontheship:20141025073712j:plainf:id:acupuncturistontheship:20141025073654j:plainf:id:acupuncturistontheship:20141025073635j:plain
家族旅行最終日前半は大山。
山はやはり美しい。
昔から信仰されていた山はまた何かを感じるように思います。

大学時代探検部に所属して登山を始めました。頭で常に何かを考えてしまう私をすっきりさせてくれたのは山でした。

何百年も前から、人の心の重さを迎え入れ、受容し、それでもなお優しい。
祀るという字が己を示すと書くなら、山を祀るとはどういう意味なのか。
面白い。

At the beginning of last day in my family trip was Mt.Daisen.
The mountain is beautiful.
The mountains that are worshiped from ancient age give us something special.

I start to climb up mountain when I belonged to exploring club during university student.
I think all the time so I don't have afford all the time. Mountain make me refresh anytime.

From humdred years ago, they are welcomed, accept us but still kind and embrace us.

If Chinese character of "worship" in Japan means we show ourself, what's the meaning that we worship mountain?
It's interesting.