読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

足立美術館と滲み出る気 Adachi museum and strong energy from it




*English is after Japanese

家族旅行2日目は須佐神宮と足立美術館でした。

f:id:acupuncturistontheship:20141023232931j:plain
f:id:acupuncturistontheship:20141023232955j:plain
上記は須佐神宮のもの。
須佐神宮より、足立美術館に私は色々と気づきがありました。

一番感じたのは、足立美術館で観るのは庭や絵画ではなく、創設者の足立全康さんだということ。
普段私は作品を観ると、その方の空間・内部に踏み込んだという意識を持ちます。

でも足立美術館では踏み込まれた感覚に襲われました。どや!ええ庭やろ。という全康さんの声が聞こえてきそうです。
敢えて言うなら、壮大な具体派の作品を観ているようでした。
ぜひ一度ご観覧を。
f:id:acupuncturistontheship:20141025004317j:plain
f:id:acupuncturistontheship:20141025004212j:plain
f:id:acupuncturistontheship:20141025004250j:plain
The 2nd day with my family is Susa shrine and Adachi museum.

The aboves are Susa shrine. I notice something more in Adachi museum.
My biggest impression was that I watch Zenkou Adachi who is funded this museum not his garden or pictures etc..

Usually when I watch works, I have conscious that I invade artists personal space or inside. However, in Adachi museum, I felt like I was invaded. " look! This is a garden." I heard his voice.
So Adachi museum is look like big scale "Gutai"for me.

Please go there and feel by yourself.