読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

タバコからみるドライアイと乾燥肌その2 dry eye and skin from the view of tobacco No.2

*English is after Japanese

つまり、噛み煙草によって一時的に作り出された喉周辺の乾燥状態は別に水を他から足す(飲む)必要はない。

その乾燥の慢性化したものがドライアイや乾燥肌につながるわけですが、それも水の偏在の結果であり、遍在を整備し、目への水道を再構築すれば治ると思ったのです。

目薬もいいですが、一時的でしかありません。なぜなら水をひいていないから。砂漠に雨が降っても川がに繋がってないとそこは潤いません。

What I want to say is we don't need to add the water from other even if we have temporary dry condition surround throat caused chewing tobacco.

The chronic dry condition connect with dry eye or dry skin. It's the result of water unbalance in our body.

If I arrange the unbalance of our water, I thought I can treat dry eye.

Eyewater is effective but it's temporary. because we don't have the road for water.

Event if the dessert has the rain, if the dessert doesn't connect with river, dessert can't change into fertile soil.

To be continued.

続きはまた今度。