英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

クルーズと広告 advertisement and advertisement

*English is after Japanese

日本に戻って2ヶ月ですが、思ったことの1つに広告の作用があります。

船は7ヶ月の契約(2ヶ月まで延長可)なので、半年以上陸にいません。

船での生活では広告にふれることがほとんどありません。

だから、帰ってくると目からの情報の多さに当惑します。みんな毒されてるんじゃないかと思うぐらいです。

なぜなら、日本に帰ってくるとそれらの情報に目が回り気持ち悪くなるのと同時に、それを追ってる自分がいるからです。

あと少しで出国です。

広告のない静かな世界へ早く行きたいもんです。

It passed 2 month after coming back Japan, I notice the effect of advertisement.

As my contact is 7 months(it's possible to extend 2 months), I don't stay in land more than half year.

I don't see advertisement(only a few) during my contract.

So I confuse the volume of information from my eyes in land. I even think everyone is addicted to advertisement.

Because after coming back Japan, I feel bad to these information and at the same time I chase them.

I leave Japan soon.

I want to escape thd world that don't have advertisement and is quiet.