読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

空気を読む第一歩はものにぶつからないこと The first step to feel someoen's feeling is not to crash with something

*English is after Japanese

 

ものにぶつかり過ぎだと言われました。確かに、私はものにぶつかるのです。

一方で、私は空気が読めないと子供の時から言われています。

 

この2つが繋がるなと、なぜ「ものにぶつかるのか」を考えてから思いました。

ものに自分のエゴがないなら(もの自体に気(エゴ)があるかないかという議論はありますが、ないという前提で話を進めます。)、自分の思いのままにものをコントロール出来ることになります。

つまり、ものと自分との関係は自分次第だということになります。

 

例えば、皿を割ってしまった場合、その責任は皿の置き方が悪かったり、洗い方が悪かったりするわけです。

ものにぶつかるのも/割るのも自分の責任ということになります。

 

一方で空気を読むというのは、相手が考えていることを察し、それに合わせるということ。そこには、相手にエゴ/感情があります。

だとすると、ものにぶつかる/割ってしまうような状態では、空気なんて読むできないんじゃないか。

そう思ったのです。(あと逆説的に、ものほど空気を読んでいる存在もないんだなと思いました。)

もっとものとの関係を大切にしないと。

 

I was told that I crash with something too much.Absolutely, it's true.

On the other hand, from my younger aga, I was said " you can't lead someone's feeling".

 

When I think why I crash with somthing, I hit upon that these 2 matters connect each other.

If objects has ego( we have question that objects has their energy or not. but this time I contiue my episode that they don't have ego), human being control the object by ourself.

In short, the relationship between us and objects is up to us.

 

For example, if I split the dish, the reason why the dish is split is because I put it wrongly or my way to wash was wrong.

 So if I crash with something or split the dish, it's my responsibility.

 

By the way, to lead the air is that I notice what they are thinking or ajust my feeling to their thinking.  In this situation, they have their egoism and feeling.

If so, I can't lead the air in such a condition that I crash with something and split a dish.

 

 I hit upon this opinion( Paradoxically, I thought objects leads the situation more than us)

I want to improve the relationship between me and objects more and more.