英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

ホ・オポノポノに対する私の理解その2 My understanding to Ho・Oponopono No.2

*English is after Japanese

同じ景色や作品を見ても、人によって着目する点が違う理由は、自分がそこに着目する人生・選択を送ってきたからです。

ならば、私に何かが起きた理由やその起きたことの解釈もまた私の選択に原因があるのではないかと考えています。
(前世などに繋げてる方もいます。それを否定する気は全くありません。でも、じゃあ私はどうしたらいいのかと思うので、個人的に好きではありません。)

4つの言葉との関係はというと、唱えることで自分が選択した結果だということを自分で認める・受け止めるきっかけになると考えています。そして相手の立場を理解しようとするきっかけにもなると思っています。

そのきっかけで、ほんの少しずつでも自分が変われる気がします。(気が動けば血(物質)が動くとは東洋医学の考え方ですが、私はその通りだと思います。)

それが私の理解です。

Even if we see same views or works, we point out different spot or have different opinion. Because we choose and select the life that we focus these points.

If we can say so, the reason that something happen to me or the interpretation to happening would be also caused by my decision. I believe like this. (someone try to connect them with our previous life. I don't deny this opinion at all. I just think if it relate with my previous life, what should I do to change it. That's why I don't like personally. )

What's the relationship between my opinion and these 4 phrases is that if we chant, we might have opportunity to accept or recognize our life is derived from our decision.
And this opportunity also might connect to understand someone's position and feeling.

In short, by chanting them, I think I might change myself.
(In oriental medicine, we think if our energy change, our blood(substances) also change. I think absolutely it's true. )
This is my understanding to Ho・Oponopono