読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

東洋医学は現実学その2 oriental medicine is realistic medicine No.2

例えば、誰かの目をみて何か感じたことがありますか?
ある患者さんをみた時に、「深い海の中にいるみたいだ」と感じたので、それを伝えるとその通りだと言われたことがあります。
また、治療中に泣き出される方も大勢います。

神秘の定義は人によりますが、主観的で言葉では表せないものを神秘と呼ぶなら、治療は神秘的な側面があると思います。(東洋医学は現実的なものですが)
医学と治療はわけて考える必要があるのでは。
そう思う時もあります。

For example, have you ever felt something when you see someone's eye?
When I treated a lady, her eye gave me the feeling that she was in the bottom of deep sea.
So I told her my inspiration. She was just surprised because she thought totally same.

It's also normal for me that guests started to cry during my treatment.

It's depepend on us how to define mystery, but if we say mystery is the thing that we can't describe with words, I think treatment has the side of mystery. (even if it's covered by oriental medicine)

Sometimes I think I might need to distinguish medicine and treatment.