英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

正常を知る意味 The meaning practitioner need to know normal

*English is after Japanese.

学生時代、ある先生から「どういう状態・反応が身体にとって正常か知っとかないとだめだ。」と言われました。

言われた時は何となく意味はわかっても腑に落ちてませんでした。
でも臨床経験を積むようになり、「いかにその人の違和感を把握するか。」が大切なのかを知り、その言葉の意味が少しわかってきました。

患者さんの病態という結果に対し、正常を知ることで、その間の溝を埋めることができます。そしてその違和感は正常を知らないと違和感とわからない。
だから正常を知る必要があるのだと、わかりました。

正常を知るのは中々難しい...でも、直感ですが何かつかめそうな気がしています。
がんばらないと。

When I was student for acupuncture, a teacher told us that we need to know which condition or reaction is normal for us.
I understood what he want to say but I can't realize.
However, After I start to treat my patients, I realize the important that practitioner need to notice strange points as much as possible.
And then I understand what my teacher wanted to tell a little bit.

If I know the normal, I can imagine the blank to the patients condition.
Furthermore, unless I know the normal, I can't feel strange.
That's why I have to know and feel the normal.

It's quite difficult to know it. but I don't know why I have confidence that I can grasp it.

Just practice my best all the time.