英国の、船上の鍼灸師の日記 the diary of acupuncturist on Great Britain, cruise ship

2012年から客船で鍼師として働いていましたが、2015年はイギリスで働くために有機食品の会社で働き、2017年からロンドンで再び治療家として働いています。治療のこと、クルーズのこと、食べ物のこと。色々綴っていこうと思います。

鍼灸師になってからし始めたこと I start to do one thing after becoming acupuncturist

*English is after Japanese

鍼灸師になってから、やるようになったことがあります。それは墓参りに行くようになったことです。
鍼灸師になる前は10年以上墓参りに行ってませんでした。行く意味がないと思ってました。
勤めていた鍼灸院の院長が先祖の墓参りに行くというので、何となく同行したのが、きっかけです。

今考えると、墓参りへ行くチャンスは2度ありました。
普通の大学生だった時、自分なりに何で生きているんだろうと悩み、写真や旅をしてました。そうした中で、

1)真冬の竜飛岬へ行った時、向かいの函館を見ながら、「生かされている」という衝動(他に言葉が見つかりません)が身体に襲ってきた。

2)どうして自分の先祖が住んだ場所に原爆は落ちなかったのかという疑問から長崎の追悼式典に参加したこと。また、その経験から自分は原爆で命を落とした方の分も生きないといけないと思った。

でも、行かなかった。なぜなのかはわかりません。
別の先生は私に車が車を治せないように、人は人を治せないと言っています。神様や先祖の力を借りて治すのだと。
正直に言うと、私はまだその意味がわかっていません。
ただともかく、今は定期的に行かないと落ち着かなくなりました。
出国まであと1ヶ月ほど。少なくとも一回は行かないと。


After I got license of Acupuncture, moxibustion and massage, I start to do one thing.
It is that I start to visit my grave.

I didn't visit more than 10years before because I can't find any reason to do it.

When my teacher went to his grave, I didn't know why but I went with him. This is the point that I start to visit my grave.

I think I had 2 opportunitis to get this chance.
When I was university student, I was bothered why I am alive and then I travelled alone, went to the school to study photography and so on.
Throughout such a situation ...

1) when I tripped Tappi misaki(horn) in winter and Hakodate over the sea, the feeling k that something let me live give the shock to me.

2) I wonder why my grand parents didn't have the tragedy of Atomic bomb.And I went to the ceremony for Nagasaki at 9th Aug.
After this, I thought I need to live for the person who died.


But I didn't visit. I don't know why.
My first teacher of acupuncture told me that the car can't cure the car. Like this, human can't cure human.
We need to borrow the power from our gods and ancestors etc.
To be honest, I don't realize its meaning.
But anyway I feel nervous if I don't visit regularly.

I'll leave Japan after 1month.I want to go there at least one more time.